<< >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.f-leccs.jp/blog/blog.php?key=7496
2010年03月03日(水) 
 最近、国境について考えたり、話をする機会が多くなりました。
 日本は、島国なので陸路で国境を越えるという経験はできませんが(私の知らないところで有るのかも知れません。)、若いときに、アメリカ大陸をモーターサイクルで放浪しているとき、10回ほど、国境をモーターサイクルで越えました。

http://mike.co.jp/diary/ez/


 一番簡単に超えられるのは、アメリカからカナダに入るときでした。

 基本的に国境というのは、高速道路の料金所と同じ感じで係官が

「Are you Canadian citizen?」

と聞いてくるのですが、フルフェイス型のヘルメットを取ることもなく

「Yhaap!」(Yes.)

といって通過する人もいました。
(1987年当時のことで、現在はどうか知りません。)


 アメリカとカナダは、電話も国番号無しだったし、郵便も国内扱い、モーターサイクルの保険も適応されていました。まさしく、ひとつの国のように感じました。
 走っていて一番の違いは、

P1 道路標示が、マイルとキロメートルの違い

P2 ガソリンスタンドが、ガロンとリットルの違い

P3 通過がアメリカドルとカナダドルの違い

でした。



 数日前、アフリカで多くの難民を受け入れているタンザニアで日本式の駅伝を国際交流のひとつとして取り組んでいる早稲田大学出身の瀬古俊彦さんがテレビで話をしていました。
 タンザニアと言えば、聖なる金曜日と呼ばれる「ジュマイカンガー」選手とのデットヒートを良く覚えています。
 活動に当たっても、力になってくれたそうです。国民的な英雄ですから頼もしいです。


 国境無き医師団はまさに、国境をひとつのテーマとして活動を行っています。まったく、付き合いのない団体ですが。


 テキサス州の山奥から、メキシコに入れるところがあったのですが、この国境ではパスポートのチェックもいい加減ではんこも押さなかったと思います。
 なぜなら、領土的にはメキシコなのですが、本土に通じる道はなく、テキサスに戻ることしかできないからです。
 いわゆる飛び地ですね。

 係官は下手な英語で、何時間メキシコに滞在するのかと聞いてきたので、

「1時間」

と答えました。


 そういえば、カナダの田舎の方にも似たような飛び地のアメリカがありました。
 郵便局があり、アメリカのスタンプで出すのですが、通貨は基本的にカナダドルを使っていました。



 添付した写真は、アラスカ旅行からカナダのバンクーバー(実は、アメリカにもバンクーバーという町があった)に戻る途中のものです。

 同じ方向に走っていたアメリカ人と仲良くなりしばらく一緒に走り、安モーテルを割り勘で泊まりました。

 つくづく時間の貴族だったと感じます。

閲覧数2,105 カテゴリ国際 コメント3 投稿日時2010/03/03 03:03
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/03/03 09:55
    ヨーロッパでは、EU加盟国では国境は無いに等しいと聞いていますが、アメリカ大陸でも入国管理が緩やかなところがあるんですね。

    あと、日本の場合は陸上国境はありませんが、樺太の北緯50度線は、敗戦前までは日本とソ連の国境でした。それで、サンフランシスコ条約で日本は南樺太の領有権を放棄したため、同地は帰属未定地となっています(ロシアが実効支配してますが)。
    なので、また再び日本領となる余地はわずかながら残されている、とも考えられます。
    次項有
  • 2010/03/04 03:32
    > 五十嵐彬宏さん


     返信ありがとうございます。

     理想論者と言われるかも知れませんが、再び日本領になる前に、

    「国境」

    自体がなくなる世界を作りたいです。


     2010年3月3日に「ふるさと」をテーマに発表を行うイベントに参加しましたが、アメリカ放浪で感じたことを話しました。

    http://sns.f-leccs.jp/blog/blog.php?key=7528


     五十嵐さんの、福井生まれながら鯖江愛のある話は新鮮でした。

    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
マイクヨコハマさん
[一言]
学生さんからのトモダチ申請を受け付けるようにしました。(2010.10〜)
■この日はどんな日
ほかの[ 03月03日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み