<< >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.f-leccs.jp/blog/blog.php?key=33462
2015年06月13日(土) 
前日からのお泊まり出張。日付変更線を越えるくらいまで仲良く楽しい時間を過ごし、翌朝早くやや重いあたまを抱えながら姫路に戻りました。電車の中では、「あわや乗り越し!」くらいまで爆睡。おかげで回っていた地球が静止してくれました。

会社からプロジェクターやスクリーンを出して、車で近くの高丘中学校へ。我が愛しの母校であり、ふたりの息子も卒業生。いつもお世話になっている連合自治会長からの依頼で、奉仕活動を終えた学校関係者、保護者、地域住民約50名を前に、講演をさせて頂く機会を頂きました。

中学校時代のわたしは、職員室に呼ばれるときは、間違いなく叱られることばかりで、とても模範的な生徒ではありませんでした。優等生が歩む進学校のルートから、やや外れたのんびりした学生生活を過ごしましたが、お世話になった母校に恩返しができるとあって、気合いだけは入っていました。

話の内容は、15年以上も前の「ネットデイ」について。学校・保護者・地域住民に生徒や行政までが、支え合いながらすべての教室に校内LANを整備する市民活動です。その成功の効果の秘密を、1時間弱お話しさせて頂きました。

参加されたみなさん、早朝からの作業の後でお疲れだったにもかかわらず、熱心に聴き入ってくれて、大変楽しいインタラクティブなやりとりもできました。背中に汗をかきながらの講演でしたが、とても気持ちいい時間でした。

学校と地域のオフィシャルな関わりは非常にうまくいっているようですが、インフォーマルなつながりはどんどんと希薄化しているように感じます。信頼と互酬性を高める楽しく役立つ共働作業の必要性は、ますます増しているのではないかと思います。

閲覧数1,158 カテゴリ日記 投稿日時2015/06/13 20:19
公開範囲外部公開
■プロフィール
和崎宏さん
[一言]
情報化による地域の再活性化をライフワークとしています。
■この日はどんな日
ほかの[ 06月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み