<< >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.f-leccs.jp/blog/blog.php?key=19786
2011年02月12日(土) 
 ぐぐっと、冷え込みましたね。

 雪は太平洋側に持って行かれたようで、雪国・福井はどんどん雪が溶けています。

 昨日、Fレックス第7回LT会に参加して、女子学生さん達が、学生時代の旅行代の援助よりも、将来の遺産相続を望んでいるという発言に衝撃を受け、自分の子育てはどのようにすべきかを考えながら目が覚めました。

 小学校5年の娘に「遺産は欲しい?」

と聞いてみたのですが、

「貰えるモノなら欲しい」

とのことでした。


 時代的な問題もありますが、貧乏な学生だったので、ほとんど旅行をしていませんでしたので、時間が自由になる学生時代は、どんどん旅行をすべきだというのが、今、思うことです。
 社会人になると、生活をするのが第一で、自分のための旅行どころではなくなるのが現実です。

 旅行したいけど、お金が無いという発言をよく聞くので、親がお金を出してくれれば、旅行に行くのかと思いきや、アルバイトで貯めたお金でないと旅行にいけないという意見も頂き、驚きました。

1 生活費
2 学費
3 旅行費用


上の3つのすべてをまかなっているなら凄い学生さんだと思いますが、3だけアルバイトでまかなっていてもナーと思ってしまいました。

 ヨーロッパのある国では、学費は無料(国が負担)なのは、当然で、生活費も出してくれるという話を聞いたことがありますが、親の立場からすると、学費よりも生活費の方が負担が大きいです。


 とにかく、子ども達ができるだけ早い時期に


1 精神の自立
2 経済の自立
3 生活の自立

ができるように毎日を送りたいと思います。

閲覧数1,982 カテゴリ生活 コメント4 投稿日時2011/02/12 07:02
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/02/12 19:29
    kazuyoさん
    旅行代金の援助よりも、遺産相続ですか・・・。
    ショッキングですね。私も、時間のある学生時代に、どんどんいろんなところへ旅行するべきだと考えています。アルバイトするのはもちろんです。もし援助してもらえる幸運な学生さんは、
    ありがたくその分いろんな見分を広めて帰国してほしいと思います。
    遺産を相続するころというのは、おそらく、家庭を持ち、生活を重視する年代になってからでしょう。そんな何十年先のお金をあてにするよりも、
    時間のある時に貴重な経験をすべきだと思います。私も時代が古いのかな!?
    次項有
  • 2011/02/13 01:21
    > kazuyoさん

     コメントありがとうございます。

     私と近い意見の方がいらっしゃることがわかって、心強いです。


     時代が時代ですし、親が裕福ではありませんでしたので、海外旅行をしたのは、社会人になって自分で貯金した25歳の時でしたが、そのときの旅(アメリカ大陸モーターサイクルひとり旅)が、今でも、貴重な経験となって活きています。

    http://mike.co.jp/diary/ez/


     私は男子ですが、親の遺産をあてにした人生設計をしていませんでしたので、女子が、数十年先に貰えるかどうかもわからない遺産がないと困るとの発言を聞いたときは、目眩がしました。(人生設計をしっかりしていてたくましいと考えるべきなのかも知れません。)


     私が写真家とねるべく、借金を重ねながら撮影機材や機材車を買ったり、結婚式の費用に関しても、撮影スタジオ付きSOHOハウスを建てるに当たっても、親から資金援助を受けていませんでしたので、子ども達にも、遺産を残そうとは基本的に考えていません。(もちろん、相続税がかかるほどの財産は作れそうにもありません。)



     子ども達に残せるモノは、広い意味で「教育」だけだという意識が強いです。
     自ら考え、自己判断と自己責任で生活していける力を付けることこと「教育」だと考えています。


     若いときにすべきこと、若いときにしかできないことは、「旅」をして見聞を広げることかなと思っています。

     アルバイトをすることが、一定の社会勉強というか有意義なことは、私も否定しているわけではありません。ただ、お金を得るために、安い時給(800円とか)で、時間を費やすのは、あまりにも勿体ないと感じているのです。



    PS.kazuyoさんが、旅行=海外(帰国)と考えていらっしゃるのが面白かったです。
    次項有
  • 2011/02/13 14:52
    親に金銭的な負担をかけたくないという学生さんたちの気持ちは、偉いな~と思います。
    でも、社会に出てしまうとなかなか自由な時間がとれません。せっかく時間がある学生のうちに、いろいろと見聞を広めるのはとっても大切なことだと思います。実際に私も、学生時代にいろいろな国へ行かせて貰って、それが今の自分にとってとても良いものとして蓄積されていると思っています。若いうちに経験したことによってその後の人生ってずいぶん変わってくる気がするので、お父さんお母さんにお金を「借りて」でも、色んなことをしておくべきだと思います。

    我が家は、子どもの習い事や旅行などへの投資は惜しまないようにしようと思っています。娘が海外留学したいと言ったらそうさせてやりたいし(私もついて行きたい!)、いろいろな所に旅行もさせてやりたいですね。

    「親の脛はかじれる時にかじっておいて、後で親を背負ってやりなさい」
    私が学生の時、親戚に言われた言葉です。
    私はいまだにかじりっぱなし。いつになったら背負ってあげられるのやら(^^;
    次項有
  • 2011/02/14 18:23
    kazuyoさん
    > マイクヨコハマさん

    旅行=海外のことかと、思い込んでいました。
    確かに、国内というチョイスもありましたね、
    失礼いたしました!

    最近は、海外へ行きたいという若者が減少しているとの統計がありましたが、残念ですね。
    母からは、「若い時の苦労は、買ってでもしろ」とか「かわいい子には旅をさせろ」
    と育てられたので、今の若い方々が信じられない感じです。

    マイクさんも親をそして、人をあてにせず、
    がんばってこられましたよね。
    その姿勢、回りの方々がずーっと見てきているのだと思います。今のご活躍につながっているのでしょう。

    お子さんたちも、分かっていると思いますよ!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
マイクヨコハマさん
[一言]
学生さんからのトモダチ申請を受け付けるようにしました。(2010.10〜)
■この日はどんな日
ほかの[ 02月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み