<< >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.f-leccs.jp/blog/blog.php?key=17535
2010年11月17日(水) 
 今日付け(2010.11.17)の朝日新聞にNPOスワングループが掲載されると聞いて、コンビニに買いに行きました。

http://npo.mike.co.jp/

 車の外気温計を見ると「3度」。

 もう、こんな時期なんですね。


 コンビニの新聞コーナーを見るとがらがら。


 早朝4時台では、まだ、配達されていないんですね。

閲覧数2,327 カテゴリ分煙 コメント9 投稿日時2010/11/17 04:35
公開範囲外部公開
コメント(9)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/11/17 08:17
    山川修さん
    見ました。
    マイクさんがデカデカと出てました。
    次項有
  • 2010/11/17 08:39
    > 山川修さん

     会の活動風景の写真はお送りしましたが、私の写真は送っていません。

     これから、もう一度、買いに出ます。
    次項有
  • 2010/11/17 09:24
    私も自宅で読みました。

    最後の「バリアフリー」は理解しやすいですが、「ノーマライゼーション」が理解しにくいように感じました。現在、日本で「ノーマライゼーション」と書くと、福祉用語の「障がい者を排除するのではなく、障がいを持っていても健常者と均等に当たり前に生活できるような社会」を示すことが多いので、マイクさんの意図と違う気がするのですが。
    次項有
  • 2010/11/17 09:43
     最初に飛び込んだローソンは、朝日新聞が売り切れ。

     2軒目で買えました。

     表紙のヘッドラインを見ると

    「家族 わたし、事実婚で産みます」

    が目に飛び込んできて、こちらを読みふけってしまいました。

     夫婦同姓が強制されているのは世界では少数派とか。
    次項有
  • 2010/11/17 09:48
     気を取り直して、福井のページを探すとありました。

     確かに、NPOスワングループ事務局長マイク・ヨコハマの写真も大きく出ていました。


     この写真は、3年前に、おいしい空気のお店紹介事業の一環で出版した(国立国会図書館にも送付済み)「ココちゃんスタイル07」の取材を受けたときに、別の記者さんが撮影したものです。

     
    http://npo.mike.co.jp/07/070506a.html

     このときは、カラー写真でしたが、今回は、健康増進法啓発講演会2009のメインゲストの渡辺文学さんの写真も含めて、モノクロです。

    http://npo.mike.co.jp/09/091023library/kouenkai.html
    次項有
  • 2010/11/17 16:49
    > 田中洋一さん

     「ノーマライゼーション」という言葉は、2002年9月17日(私の40歳の誕生日)に初めて北朝鮮を訪問した小泉首相のピョンヤン宣言に関して、触発され、NPOスワングループ発足時に目的として使い始めた言葉でした。

     確かに福祉系で使われることが多いですね。


     バリアフリー

     ユニバーサルデザイン

     ノーマライゼーションは3点セットですかね。
    次項有
  • 2010/11/17 17:54
    > マイクヨコハマさん
    > 確かに福祉系で使われることが多い

    私が心配している点は「タバコを吸わない人とタバコを吸う人が一緒に生活できるような社会にしよう」と解釈される恐れがあると思ったからです。

    特別な用語の場合、世論の定義で使用するか、自分の定義を正確に説明してから使用するか、が良いと思います。
    特に、バリアフリーという用語の後に出てきたので、上記のように感じました。
    次項有
  • 2010/11/17 23:09
    今朝の朝日を開き、マイクさんの写真が飛び込んできて、「おお」と思いじっくり読みました。たしかに、記事の最終にあるカタカナ語の解釈にちょっと戸惑いました。ある程度マイクさんの主張を知っていたので、善意に解釈しましたが、一般にはまだこなれていない言葉のような気がします。「すわん」はとてもよく分かり、短くても説得性があります。
    次項有
  • 2010/11/18 04:09
    > 森田智子さん

     森田さんもご覧になりましたか。


     文章は、新聞記者の方と何度かやりとりして、うまくまとまったと思っています。

     カタカナ表現は、今後の課題です。


     5月に有る場所でタバコ問題解決のための講演をさせて貰ったことがあるのですが、WHOなどの用語を使うと、会場から

    英語ばっかりでわからん

    と言われてちょっと頭を抱えてしまいました。

     活動家として、丁寧に説明していく努力が必要ですね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
マイクヨコハマさん
[一言]
学生さんからのトモダチ申請を受け付けるようにしました。(2010.10〜)
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み