<< >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.f-leccs.jp/blog/blog.php?key=15730
2010年09月19日(日) 
 天気予報道り最高気温が30度くらいまで上がり、三国サンセットビーチの海水浴は最高に楽しかったです。

 9月の海水浴は毎年のように行っているけど本当に良い時期です。

 理由は


1, 海水温が1年中で一番高く、冷たくない

2, 気温も30度前後あるので寒くない

3, 駐車場がただで人が少ないのでタバコのトラブルに巻き込まれにくい


です。


 ちょっと、気になったのは、

「お盆を過ぎればクラゲが出るでしょう?」

と95%の人が口をそろえて聞いてくること。


 これって福井県限定?

 出る年もあるし、出ない年もあると答えているけど、実際に海水浴をしたわけでもないのに95%の人が、口をそろえてそう聞いてくるのは、都市伝説?

 隣の三国温泉ゆあぽーとにすぐに入れるし、年内にもう1回くらい行きたいです。

 写真は、パートナーの月田千栄子のものです。

閲覧数4,388 カテゴリ天気 コメント10 投稿日時2010/09/19 03:21
公開範囲外部公開
コメント(10)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/09/19 11:19
    今はどうか分かりませんが、小浜の海はお盆を過ぎると赤い縦縞の入ったくらげ(触れると痛くて腫れてくる)がうようよしてましたね。
    次項有
  • 2010/09/19 11:40
     福井県立大学は、海洋生物の専門家がいらっしゃるので、期待しています。

     昨日もそうですが、まったく、クラゲはいませんでした。

     不思議なのは、多くの人は、お盆過ぎに海水浴をして刺された経験が無いのに口をそろえて

    「お盆を過ぎればクラゲが出るでしょう?」

    ということです。

     
     地元、三国の人も同じことを言われたのですが、その人も、刺された経験はないようです。

     その辺が、「都市伝説」と思ってしまう理由です。


     今日も、海水浴に行きたいような天気ですが、横濱商館の大掃除となっています。
    次項有
  • 2010/09/19 12:05
    その手の話は、お盆を過ぎた海は海の向こうの世界に通じていて、泳ぐと連れていかれてしまうから、みたいな迷信から来てるらしいですよ。
    くらげ云々は、建前なんでしょうね。
    次項有
  • 2010/09/19 12:33
    > 吉川奈津季さん

    書き込みありがとうございました。

    九州エリアではどうか連休明けに調べて貰えると嬉しいです。



    しかし、都市伝説ではなく、迷信というのは納得ですね。




    おヘソを出して昼寝していると、雷さんに取られてしまうよというのは、寒冷前線の通過に伴う急激な温度変化という理由がありますね。
    次項有
  • 2010/09/19 19:13
    くらげの専門ではないので深いことはいえません

    藤原さんがおっしゃっているクラゲはアカクラゲと呼ばれるクラゲでしょう
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%…9%E3%82%B2

    長い触手を持っており、この触手が、遊泳中やロープなどの漁具に絡まっている状態で触れて刺されるケースが多いようです

    この近辺でクラゲの被害として多いのがアンドンクラゲです
    http://www3.ocn.ne.jp/~kmitoh/seibutu/kurage/andonk…urage.html

    おでこにちくっとした痛みがあってよく周りを見てみるとたいがい奴がいます

    あと、危険なのがカツオノエボシです
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%84%E3%…C%E3%82%B7

    こんなの南のほうにしかいないだろと思われるかもしれませんが、福井でも最近確認されたようですからご注意を...

    こやつに2度刺された場合ハチの毒と同様にアナフィラキシーショックが起こり、死に至るらしいです...

    よく見かけるミズクラゲは非常に弱毒(個人差有)なのであまり気にする必要は無いでしょう
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%…9%E3%82%B2


    アンドンクラゲはお盆頃から増え始めるようで、ライフセービングの活動をしているとお盆頃からアンドンクラゲの処置の件数が増えます

    だからあながち間違いではないかもしれません
    次項有
  • 2010/09/19 19:48
    > 内山貴博さん

    専門的な解説有難うございます。

    さすが小浜キャンパスですね。

    http://www3.ocn.ne.jp/~kmitoh/seibutu/kurage/kurage.html

    とか勉強になりました。


    ついでに、質問。


    クラゲの個体数が増えるのですか?

    それとも、生息域が海水浴場に入ってくるの
    ですか?
    次項有
  • 2010/09/19 22:42
    > マイクヨコハマさん
    詳しいことは分かりません

    ただ、エチゼンクラゲなどのように黄海にポリプがありそこから発生した幼生が対馬海流に乗り成長し日本海から一部が津軽海峡を通り三陸沖を越え東京湾の中に入ると言ったような大規模な移動は無いと思われます

    アンドンクラゲの発生源は調べてみましたがよく分からないです

    勝手に仮設を立ててみました

    仮説1
    沿岸部にあるポリプから幼生が発生し、それが最初はごく小さい個体であるため気付かれないが、お盆頃になると成長し、人に被害を与えるサイズの個体が増えてくるのではないでしょうか...

    仮説2
    幼生の時期は遊泳能力があまり無いため、沖合いに流されたものが、成長し、海から岸に吹くの風により発生した流れに乗って岸近くに流れ着く

    多くのクラゲにおいて、発生源であるポリプの場所がいまいちよく分かっていない、生活史が解明されていない種が多いと言うのが現状のようです

    クラゲはまだまだ謎に包まれた生物ですね

    http://www2.fish-u.ac.jp/jellies/kihon.html
    次項有
  • 2010/09/20 02:40
    > 内山貴博さん


    ©2009 プランクトン研究室
    山口県下関市永田本町 2-7-1
    水産大学校 生物生産学科
    管理用アドレス: jellies@fish-u.ac.jp

    というアドレス名が微笑ましいです。



    大型クラゲ(エチゼンクラゲというと西川知事が嫌がる)は、松島水族館で見た事が有りますが、海水浴場では、出会った事が有りません。


    とにかく、よくわかっていない海洋生物であることが分かりました。



    それなのに、95%の福井人が同じ質問をしてくるのは、不思議です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
マイクヨコハマさん
[一言]
学生さんからのトモダチ申請を受け付けるようにしました。(2010.10〜)
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み