<< >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.f-leccs.jp/blog/blog.php?key=15540
2010年09月13日(月) 
 鯖江市バドミントン協会のウェブサイトの制作をさせて貰っているのですが、夏のバドミントン競技はきつそうですね。

 競技会場はエアコンが入らないため、時々、競技を中断し、扉を全開にして喚起して、閉めてから競技を再開するのです。

 私は敦賀祭でかき氷を食べていた頃です。

閲覧数1,783 カテゴリ運動 コメント6 投稿日時2010/09/13 06:34
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/09/13 14:55
    確かに夏のバドミントンは辛いですね。
    窓は光が入らないように暗幕を閉めてしまいますし。

    体育館にもよりますが、最近は換気扇を回す場合があるので昔よりは楽になった気がします。
    次項有
  • 2010/09/13 15:52
     取材でお邪魔したときは、冬だったので、それはそれで、きつかったのですが、夏はもっと大変かも。

     未体験でよくわかりません。

     いつが、バドミントンでは、一番、過ごしやすい時期ですか?
    次項有
  • 2010/09/13 17:07
    > マイクヨコハマさん
    冬だとしっかりウォーミングアップして体を温めてからじゃないと、体が動きませんね。
    気温的にはやっぱり春や秋が楽です。
    まぁ夏におもいっきり汗をかくのも悪くないですよ。

    すいません。答えになってませんね(笑)

    バドミントンは雨が降ろうと、雪が降ろうと1年中楽しめるスポーツなんで、気が向いたらぜひ挑戦してみてください。
    次項有
  • 2010/09/15 05:58
    >雨が降ろうと、雪が降ろうと1年中楽しめるスポーツ


     この辺は、インドアスポーツの魅力ですね。

     
     日本の国技・競輪も前橋室内競技場だと中止はありませんが、雪の多い2月の福井競輪はお休みです。

     それでもシーズンオフというのがないので、選手は体調管理が大変です。
    次項有
  • 2011/06/09 10:57
    トの制作をさせて貰っているのですが、夏のバドミントン競技はきつそうですね。

     競技会場はエアコンが入らないため、時々、競技を中断し、扉を全開にして喚起して、閉めてから競技を再開するのです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
マイクヨコハマさん
[一言]
学生さんからのトモダチ申請を受け付けるようにしました。(2010.10〜)
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み